2006年04月11日

クーリングオフについて


どうしてもどうしても断れなかった場合。


「クーリングオフ」しかないでしょう。


とりあえず交わしてしまった契約でもクーリングオフ出来ます。


ですが契約を交わさないことがなによりです。(当たり前ですが)

これは最悪の時の方法にしましょう。


「何がなんでも契約すんな!」

これが基本です。


このクーリングオフですがぶっちゃけ色々面倒です。


・まず期限は契約をした日から8日間。

・必要な書式にしたがった「契約を解除します」という内容の文面を作成。

・郵便局の「内容証明」の窓口にて内容証明手続きをしてもらう。

・内容証明で800円ちょっと、配達証明までつけると1200円。


どうです面倒臭そうでしょ?


奴らの為に(せいで)時間と金と労力が掛かります。バカらしくてやってられません。


だからくどいようですが


「何がなんでも契約すんな!」


なんです。


どうしてもクーリングオフすることになってしまった人はここで勉強して下さい。

国民生活センターくらしの豆知識

読みもしない新聞を取り続けることは実にナンセンスなことです。

あきらめずにガンバレ!必ずクーリングオフしましょう!!


新聞定期購読の恐怖




posted by 1消費者 at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | クーリングオフについて

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。